ラシクハタラク  – 好きなことをシゴトに。

【新生活・一人暮らし】ニトリのカラーボックスでカウンター食器棚をDIY

LINEで送る
Pocket

カラーボックス(ニトリ)を使ったカウンター式食器棚の作り方

 

カラーボッスとは

 

カラーボックスは組み立てが簡単で電動工具がなくても一人で組立が可能です。素材はMDFという集成材で、外面はシート等で装飾しているものが一般的。本や衣服、家電などを収納できる収納家具です。最近ではカラーボックスの需要が高まり、各メーカーがサイズや色のバリエーションも豊富なラインナップをそろえていて、お部屋に合ったデザインや大きさを選ぶことができます。また、加えてとても安価なのが嬉しいです。

 

 

そんな安価で便利なカラーボックスを使って、春に向けて新生活や一人暮らしの準備が忙しくなるこの時期におすすめのDIYのレシピのご紹介をしたいと思います。今回はニトリのカラーボックスを使いました。ニトリへ行くとその品揃えの多さに驚きます。カラーボックス専用のレールや専用ボックスの種類がたくさんあり、DIYと言うよりはもう組み立てるだけで引き出しになったり、扉式になったりしますよ。

簡単なDIYで少しだけアレンジを加えれば、食器棚やクローゼットになったりと、とても便利です。何より便利なのは、解体や組み立てが簡単ということ。新生活で一人暮らしをはじめる方には、おすすめです。カウンター式の食器棚なので、天板はホームセンターでカットした板を取り付けしました。カラーボックスの素材が化粧合板のため、少し冷たい感じがします。これを無垢板と組み合わせる事で家具に温かみが増し、お部屋がほっこりした空間になりますよ。

 

 

カラーボックスで食器棚 

材料

 

ニトリ

  • カラーボックス3段(幅41.9×奥行29.8×高さ87.8㎝) 1台
  • カラーボックス3段扉付き(幅42×奥行29.8×高さ87.8㎝) 1台
  • 追加棚(カラーボックス専用)(39.5×27×1.2cm) 1枚
  • カラーボックス用ワイヤーバスケット 2個
  • ワイヤーバスケット用引き出しレール 2セット(2本入)
  • カラーボックス用収納ボックス 2個
  • 収納ボックス用引き出しレール 2セット(2本入)

100均(ダイソー)

  • 布製の収納ボックス
  • L木製お皿立て
  • スクエア収納ボックス(37×25×11.5㎝) 1個
  • ファイルスタンド(25.6×18.4×11.2㎝) 3個
    ワイヤーバスケット  (26×18×10cm) 2個

ホームセンタ―

  • 木材(杉 124×15×2.5㎝) 2枚(HCでカット済み)

 

塗料

  • オールドウッドワックス ホワイト
  • ビニール手袋
  • スポンジ

 

作り方

◎本体組立

木材の表面をやすり掛けして滑らかにし、お好みのワックスやニスで塗装します。今回はオールドウッドワックスのホワイトを使いました。しっかりと塗装をすることで、無垢材でのキッチンの水や汚れから木材を保護してくれます。


カラーボックス用追加板を2台の真ん中に挟むように固定します。カラーボックス本体に穴があいているのでその穴を利用して、内側から付属のビズで固定します。

カラーボックスの天板にのせる板のサイズに合わせてビス穴をあける位置の印をします。
15cmの幅の板を2枚使用するので、真ん中に印をして、その内側3cmぐらいずつと

側面から3cmぐらい離れた位置にビス穴を開ける位置を印ます。もう1台も同様に。

印にあわせて、ドリルで穴を開けます。手回しのドリルやキリでも穴を開けられます板を奥から置いて、カラーボックスの内側からビス(35㎜)を打ちこみます。

1つのカラーボックスに板1枚に対して、4カ所とめます。手前の板も同様に取り付けします。

 

◎電動工具がない方は

壁付け仕様で使う場合のみですが、この大きさの板をホームセンターでカットしてもらい、上からのせるだけでもOKですが、滑り止めシートや滑り止めのゴム等を挟んで置くようにしてください。

◎ワイヤーバスケットを取り付け

 

専用レールを取り付けていきます。専用のレールを付属のビスで固定します。すでにレールの位置にあわせて穴があいているので取付は簡単です。

今回は2段に取り付けるため、4本レールを取り付けました。

付属の引き出しがスベリ落ちない為のストッパーのピンを奥と手前に差し込みます。

◎プラスチック製収納ボックスの取付

ケース 304円 レール 101円/1本 (ニトリ)


専用のレールをカラーボックスの内側に専用のビズで取り付けます。こちらも、すでにレールの位置にあわせて穴があいているので取付は簡単です。

今回は2段に取り付けるため、4本のレールを取り付けました。

 

 

◎100円ショップの収納ボックス

 

布製の収納ボックス L(ダイソー)

スクエア収納ボックス(37×25×11.5㎝) 1個 (ダイソー)

ファイルスタンド(25.6×18.4×11.2㎝) 3個  (だいそー)

木製お皿立て 1個 (ダイソー)

 

ワイヤーバスケット(26×18×10cm) 2個 (ダイソー)

収納してみましょう!

 

使用頻度の高いグラスやマグカップ、お皿、お茶椀等はワイヤーバスケットに。一人暮らしの方には調度良い収納のスペースですね。

ファイルスタンドはボトル系の調味料入れに。収納しやすいだけでなく、引き出しやすいです。

布製の収納ボックスは材料のストックに。

布巾等、キッチンクロスはプラスチックの引き出しに。

また、扉付きのボックスは埃を防ぐことができるので、使用頻度や用途にあわせて収納してみてくださいね。

カラーボックスにぴったりサイズの収納ボックスの種類も色々な素材があるので、お好みのテイストに仕上げる事ができます。最近は100均でもカラーボックスサイズの布ボックスやワイヤーのバスケットなどあります。予算を押さえたい人は、上手に100均アイテムと組み合わせてみてくださいね。

新生活や一人暮らしにせひ、カラーボックスで食器棚をDIYしてみてくださいね。

この記事を書いた人

chiko

結婚と同時に購入した中古住宅がまさかの欠陥。一念発起してDIYでお家を改装し始めてから、作り方をSNSやブログで発信するとそれが人気となり本を出版。インテリアに携わっていた経験もありDIYクリエイターを仕事として活動し今に至る。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP